かいデザインのブログ

かいデザインのブログです

さや侍を観ました

何日か前に映画館に『さや侍』を観に行ってきました。『松本人志』監督の作品は『大日本人』『しんぼる』と観てきて今回で三作目です。前回までの2作品は監督自信が主人公の映画でしたが、今回は深夜番組『働くおっさん劇場』でおなじみの『野見隆明』さんです。『松本人志』監督の作品は難しいなんて思っている方も多いかもしれませんが、私は三作品の中で『さや侍』を一番オススメ致します。笑って泣いて 面白い映画だと思いました。『松本人志』監督の次回作と俳優『野見隆明』さんの今後の活躍と展開に期待大です。
スポンサーサイト
  1. 2011/06/30(木) 11:28:52|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

目指すなら世界一じゃないといけませんよね

天気が不安定です。梅雨の時期は特に予報も当たらない気がしています。天気予報が当たる確率は現代でも50数%だというデータもあると聞いたことがあります。つまり靴を投げて裏表で明日の天気を占うのと、さほど変わらない事になります。2世紀前にフランスの『ラプラス』という学者は、この世界のすべての事象、つまり森羅万象は数学で計算出来ると言ってしまったが為に、神を否定する思想と思われ、皮肉を込めて彼の理論は『ラプラスの悪魔』と呼ばれました。横浜市には数年前まで世界1の演算処理能力の座を守っていたスーパーコンピュータ『地球シミュレータ』があります。『地球シミュレータ』は、その力で天気を予測したり、地球の未来の環境を予測しています。こんなに素晴らしい『地球シミュレータ』を持ってしても天気予報は、当たったり外れたりするのです。『ラプラスの悪魔』と言われた理論は、人には越えられない、『神』の領域にあるのかも知れません。
  1. 2011/06/27(月) 14:38:14|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

乃木坂


地下鉄の『乃木坂』駅から、エスカレーターで数回上ると、そこはもう『国立新美術館』です。途中で展示会のポスターを見つけるだけで、テンションが上がります。途中数十メートル屋外に出ますが、屋根があるので雨でも安心です。建築家の故人『黒川紀章』氏は芸術家にとっても、来館者にとっても使いやすい設計をしてくれました。せっかく様々な人の力でチャンスを頂いているのですから、『国立新美術館』から世界に羽ばたく芸術家になりたいと、真剣に思います。
  1. 2011/06/25(土) 17:09:37|
  2. 作品展
  3. | コメント:0

夜よ、さよなら

暑くてなかなか寝付けません。色々と考え事をするには、良い夜です。昼間忙しかったのですが、ふと『手塚治虫』さんの短編集、『夜よさよなら』の事を思い出しました。短編集の中に、『カフカ』著の『変身』を題材にした項があったのを思い出して、短編集のタイトル『夜よさよなら』の意味など考えこんでいました。タイトルをそのままとらえるなら、夜に別れを告げるなら、もう夜明けだと言うことになります。イメージとしては、希望とか絶望的な環境からの脱出でしょう。『カフカ』原作の『変身』はとても悲惨な暗い内容でしたが、今になって思い出すと『手塚治虫』版の『変身』は、絶望の中にも微かながら救いがあったように想います。
  1. 2011/06/23(木) 02:33:42|
  2. 回顧録

ホンジツハセイテンナリ。アート未来展と純銀粘土コンテストがはじまりました!


国立新美術館のダブル展示会初日です。本日の東京は晴れました。でも30℃越えでちょっと暑いです。展示会も熱いです。あっ情熱的って意味です。国立新美術館は空調効いていて快適です。お時間があればぜひとも国立新美術館に起こし下さい。展示会は7月4日までです。
  1. 2011/06/22(水) 15:06:28|
  2. 作品展
  3. | コメント:0

第16回国際公募アート未来展


第16回国際公募アート未来展は明日より7月4日まで国立新美術館1階展示場にて展示会が開催されます。私は『街灯』という作品で参加しています。詳しくはホームページ版『かいデザイン』をご覧下さい。
http://www1.odn.ne.jp/kay-design/
アドレスはこちらです。昨日もお伝えした通り、2階展示場では純銀粘土コンテストの展示会を開催しています。同時期に2点ご覧頂ける絶好の機械です。ぜひとも両会場に足をお運び下さい。
  1. 2011/06/21(火) 09:40:40|
  2. 作品展
  3. | コメント:1

第12回純銀粘土でつくるシルバーアクセサリーコンテスト2011


あさってから、国立新美術館の2階展示場にて『第12回純銀粘土でつくるシルバーアクセサリーコンテスト2011』の展示会が始まります。私は『みけこ』という作品で参加しています。会期は7月の4日までです。ぜひとも会場にて『みけこ』をご覧下さい。詳しくはホームページをご覧下さい。
http://www1.odn.ne.jp/kay-design/
こちらがホームページ版『かいデザイン』のアドレスです。
  1. 2011/06/20(月) 10:55:29|
  2. 作品展
  3. | コメント:0

こそこそ岩に棲む魚2


作品を創る前に、原画を描く事はよくあります。ただ、アイデアを頭の中で数年間も練り続けているのに、改めて原画を描く意味に疑問を感じるかもしれません。実際には、絵を描いて気づく事もあるのです。構図の矛盾などか多いのですが、頭の中の3D設計図の間違いを見つける為にも、イメージを再確認するためにも原画は必要なのです。ただし、原画が完成した時点で、作品の全体像は良くも悪くもほぼ確定して、以後の『遊び』は極めて小さくなってしまいすが。
  1. 2011/06/18(土) 09:11:18|
  2. 作品展
  3. | コメント:0

こそこそ岩に棲む魚1


昨年のアート未来展は2点入選しました。今年の作品は来週ご紹介する予定なので、今回は昨年の入選作より『こそこそ岩に棲む魚』をご紹介します。私は余り多く作品を創らない芸術家だと思います。毎日毎日頭の中で考えを廻らせ、そうして浮かんでは消えていく幾つものアイデアの中から厳選したものを頭の角に置いて、更にその一つのアイデアを練りに練ったうえにふるいにかけて、形にします。時には数年間練り続ける作品もあります。この『こそこそ岩に棲む魚』は、そうして数年間かけて出来るタイプの作品でした。ですから、作品のタイトルから魚のポジション、鱗の色にまで意味を持たせています。ですが、時間をかけて創る作品は時に長考し過ぎて、創る機会が失われてしまう場合もあります。作品事態が志しを失ってしまうような感覚に陥ってしまうのです。しかし純心が情熱に代わるとき、作品は生まれました。『こそこそ岩』の昔話は『こそこそ岩に棲む魚』を観れば長寿を得られると言うお話です。応援してくれている祖母が体調を崩したので、祈りを込めて『こそこそ岩に棲む魚』の制作に取り掛かりました。作品が私の未来に繋がることで元気を出して欲しかったのです。祈りが叶ったのか祖母は元気になりました。作品を創るチカラを貰ったのは私の方でした。私は『こそこそ岩に棲む魚』が大好きです。だから、この感謝と共に作品を末永く世界に残せればと思うのです。
  1. 2011/06/17(金) 01:09:25|
  2. 作品展
  3. | コメント:0

アート未来展と純銀粘土コンテストどちらも国立新美術館にて同日開催です。

展示会が近づいてきました。久しぶりにホームページを更新しました。アート未来展と純銀粘土コンテストについて詳しくはホームページをご覧ください。
http://www1.odn.ne.jp/kay-design/
こちらからホームページ版『かいデザイン』に移動出来ます。
作品展のプチ情報などは時間を見つけてブログにアップしていこうと思いますのでお楽しみに!
  1. 2011/06/16(木) 18:46:17|
  2. 作品展
  3. | コメント:0

平成23年度アート未来展入選しました


速報!平成23年度アート未来展に入選しました。本日、お知らせが届きました。詳細は後日アップします。
  1. 2011/06/14(火) 20:44:16|
  2. 作品展
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ナンジャラー!とモンハンの話


一昨日『国立新美術館』に行ったついでに、『池袋サンシャインシティ』にある、『ナムコナンジャタウン』に遊びに行って来ました。目的は『ナンジャタウン』にて特別配信されている『もののけたま』と言う『アイルー』をダウンロードするためです。すれ違い通信でもスタンバイしていたんですが、なんとつい先日行われた『モンハン部員100万人突破記念狩友の集い』で特別配信された『マニャ』を頂く事が出来ました!私は抽選に外れて諦めていたところでした。くださったハンターさんありがとうございました。私のアイルー『かいデザイン』も大切に育ててくれるとうれしいです!
  1. 2011/06/10(金) 12:14:56|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

国立新美術館 平成23年6月8日


アート未来展の作品搬入で『国立新美術館』に来ました。今日は朝から雨でしたが、今は止んでいるようです。私はピンバッチコレクターでもありますので、こちらの売店で早速二種類買ってしまいました。『アート未来展』の結果は数日待たないとわかりませんが、今は無事搬入出来たのでホッとしています。さて肝心の作品については明日以降にご紹介するとして、私はこれから東京観光を楽しもうと思います。
  1. 2011/06/08(水) 12:15:28|
  2. イベント
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

海の公園の続き


愛用の『キャスキッドソン』のショルダーバッグを枕に寝ていると、小雀達が私の周りでバタバタと羽音をたてて、遊び始めました。まだ人間が怖くないのか、それとも度胸試しのつもりなのか?しかしながら私にとっては野性の雀を観察する大チャンス!いつか作品にこの機会が活かされる日が来るやも知れません。作品の搬入が間近に迫り、私にもこの小雀達の勇気を分けてほしいものです。
  1. 2011/06/06(月) 22:27:20|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

海の公園


水曜日には『アート未来展』の搬入で『国立新美術館』に行く予定です。作品が完成していて今更ドキドキしてもしょうがないのですが、こんな時は心がザワメキます。こう言う日は海を観て昼寝をするに限ります。幸い今日は良い天気です。午後は休みにしてゆっくりしようと思います。
  1. 2011/06/06(月) 11:56:37|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

デザインフェスタ33の事5

今週は『デザインフェスタ33』の事を書こうと思ったら、結局ソフビの話題中心になってしまいました。さて来週は『アート未来展』の搬入日があり、いよいよ芸術活動も活発化してまいります。来週の忙しさを思うと、頭がクラクラしそうですが、張り切って行こうと思います。皆様も良い週末を!
  1. 2011/06/03(金) 08:29:41|
  2. イベント
  3. | コメント:0

デザインフェスタ33の事4

会場で『緊縛ストラップ』のブースを見つけました。『緊縛ストラップ』を見ると『新宿マルイワン』の『カイジュウブルー』さんを思い出しました。『カイジュウブルー』さんは現在ネットショップとして営業していて『新宿マルイワン』には店舗はありません。新宿で営業していた時は、様々なイベントで楽しませてくれました。アートの発信源でありました。2年間の新宿での営業中に『緊縛ストラップ』のイベントもありましたので、思い出がよみがえります。『カイジュウブルー』の事もいつかブログに書いてみたいと思っています。
  1. 2011/06/02(木) 05:11:14|
  2. イベント
  3. | コメント:0

デザインフェスタ33の事3

『ヤモマーク』さんのブースにつくと、そこには『ナスラ』が!『ナスラ』とは茄子に足が生えてハイハイしてるようなデザインの怪獣です。今回、『カエル番長とウミウシ』セットを買いに来たのですが、まさか蓄光仕様の『ナスラ』と出会えるなんて!私は『ヤモマーク』さんのソフビでは『ナスラ』を集めて来たので、これは最高に嬉しかったです。更に『ナスラ』のファンであることを告げると、机の下から初期のカラーを復刻再現した『ナスラ』を取り出して頂きました。初期版『ナスラ』を買い逃していた私には、またまたサプライズ!『ヤモマーク』さん最高だぜ!『ナスラ』よ一緒に家に帰ろう。
  1. 2011/06/01(水) 00:53:53|
  2. イベント
  3. | コメント:0