かいデザインのブログ

かいデザインのブログです

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

月刊ガンダムエース・それは色あせない少年の心

今日は嬉しい事がありました。数ヶ月前に応募した『月刊ガンダムエース』の懸賞に当選したのです。私の世代のガンダムファンにとっては、おそらく後世のファンよりも、世に言う『ファーストガンダム』に思い入れが強い方が多いのではないでしょうか?私の子供の頃は『ガンプラ』(機動戦士ガンダムのプラスチック模型)ブームで『やまと虹一』氏の漫画『プラモ狂四郎』は穴の開くように読み返して『ガンプラ』作りを研究した日々を懐かしく思います。今想えばあのガンプラ作りの日々が『モノツクリ』の原点であると実感いたします。感謝。っと『ガンダムエース』から話がそれましたがアニメ『機動戦士ガンダム』の作画ディレクターとキャラクターデザインを当時担当された『安彦良和』氏が漫画として10年かけて改めて書き綴った『ガンダム ジ オリジン』が数ヶ月前に遂に完結してしまいました。途中、読んでいなかった時期はありましたが、初回から『月刊ガンダムエース』で読ませて頂き、戦士達の姿に時に涙したこともありました。いちファンとして、感動のフィナーレを迎え、充実感でいっぱいですが、やっぱりもっともっと『安彦良和』氏の漫画が読みたいのです。10年に及んだ『ガンダム ジ オリジン』の連載が終わってお疲れでしょうが、どうか1日でも早く『安彦良和』作品を読ませて頂きたいと、勝手ながら思わずにいらないのです。『安彦良和』氏がいつか『月刊ガンダムエース』に帰ってきて下さると信じております。
スポンサーサイト
  1. 2011/09/27(火) 21:32:20|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

美術家今昔物語

ここ一月ほど体調を崩していましたが、体調が悪化して三連休は家にこもって静養せざるを得ませんでした。天候もよく、出掛けるには良い陽気だっただけに残念でありません。こんなときにお世話になってしまうのが『エッカーマン』著の『ゲーテとの対話』(岩波文庫)です。文豪であり詩人、美術家のゲーテとの対話をエッカーマンが書き綴った日記であり、後世の美術家達に宛てたゲーテからのメッセージでもあります。昨年のNHKの朝の連続ドラマ『ゲゲゲの女房』の劇中にも登場した事でも有名かと思います。この本を読んで思うのは、今も昔も美術家の悩み事は似ているのだという事です。『モノツクリ』をする為に、美術家にどんな心構えが必要か?またはどのようなものが美術家にとって災難となるか、的確に解りやすくヒントを与えてくれます。もちろん、全ての美術家に当てはまるとは思いませんし、全ての人間が共感出来るはずもありません。ただ、もし壁に突き当たる事があったなら、この本はオススメです。もしかしたら、私のように、ゲーテからヒントを貰えるかもしれませんよ。
  1. 2011/09/25(日) 22:28:24|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

嬉しいお知らせ

先日、私をアート未来の会友に推挙していただいた旨を事務局様よりご連絡頂きました。先ほど書類などの手続きを終えて、正式にアート未来の会友となる事になりました。推挙して頂き、感謝いたしますと共に、アート未来の会友として身の引き締まる思いであります。これからも、今まで以上に精進してまいります。と言う訳で、あらためまして『アート未来』『会友』の芸術家『KAYi』でございます。これからも、よろしくお願いします。
  1. 2011/09/21(水) 12:33:40|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

今日は金沢文庫芸術祭


今、『金沢文庫芸術祭』に来ています。ちょっと暑いですが、海風は涼しいです。私のオススメは『はちみつジンジャーエール』です。去年飲んでファンになって、今年も飲んでしまいました。暑いので、水分補給をお忘れなく。
  1. 2011/09/18(日) 11:57:21|
  2. イベント
  3. | コメント:0

明日は金沢文庫芸術祭


明日はいよいよ『金沢文庫芸術祭』です。今回は出店しませんが、数年前に『かいデザイン』も出店したことがあります。その時に何か特別な試みをと考え、中古でガチャガチャマシーンを買って、『だいふくびき』と言うイベントをしました。商品を買って下さった方に、金額に応じて1回から3回ガチャガチャマシーンを回してもらいました。カプセルの中には1等賞から3等賞までの紙が入っていました。1等賞は世界に4つしかない漫画『ふく×2だいふく』の主人公『だいふく』のピンバッチ(金沢文庫芸術祭Ver)を1つプレゼントさせていただきました。(画像の真ん中あたり)この1等賞を見事に当てたのは小学生の女の子でした。今でも大切にしてくれてるでしょうか?当たった時にとても喜んでくれたので、『だいふくびき』をやって良かったと思いました。
  1. 2011/09/17(土) 11:17:32|
  2. 回顧録
  3. | コメント:0

週末(日曜日)は金沢文庫芸術祭に遊びに行きます


今週末の日曜日は、横浜市の金沢区『海の公園』で開催予定の『金沢文庫芸術祭』に遊びに行こうと思います。こちらの芸術祭は、小規模ながら、物販スペースとイベントスペース、飲食スペース等々あって見応えがあります。砂浜でもイベントがあって、天気が良ければ1日楽しめます。また『海の公園』のお隣は『横浜八景島シーパラダイス』なので、こちらも楽しいです。天気次第では翌日に順延になるので、天気が微妙な場合、開催か否かは当日に『金沢文庫芸術祭』事務局にお問い合わせ下さい。
  1. 2011/09/14(水) 17:16:15|
  2. イベント
  3. | コメント:0

ハンドメイドの猫マグネット


数ヶ月前に今年の『純銀粘土コンテスト』で使用した型を再利用して、普段お世話になっている方々に石膏で作った白い猫マグネットをプレゼントさせていただきました。初めは、そのような動機で作り始めた猫マグネットでしたが、時間があるときに1つまた1つと作り続けて、1つ出来上がる度に次はどうしよか?と楽しんでいるうちに、みるみる増えていってしまいました。このマグネットは今のところ販売出来るような段階にはありませんが、家の冷蔵庫に貼って楽しむには上出来のアートマグネットです。さて次はどんな猫マグネットを作ろうか、今日もまた楽しく考えています。
  1. 2011/09/09(金) 15:53:05|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

総天然色ウルトラQ Blu-ray BOX1を見終わって

BOX1を全話カラーで観ましたが素晴らしいの一言です。映像の専門家ではないので素人目線ではありますが、とっても綺麗な映像だと思いました。ただ、カラー版を観た後で思うのは、オリジナルのモノクロ版も作品としてのアジがあり、それはそれで見劣りするわけでなく、作品として高い次元で完成していたんだと感じました。特典映像も充実していてインタビューの中で、『ウルトラQ』の原題は『Unbalance』だった事や、2006年に亡くなられた『実相寺昭雄』監督のお名前がインタビュー中に出てきますと懐かしさと寂しさが沸き上がって参ります。アメリカの会社がカラー化を請け負ったと言う事で、人物や建物や看板等が、日本人が観て違和感のあるものに仕上がっていたらがっかりしますが、私が観た限りは極端に非常識なカラー化も無く、ストレス無しで観ることが出来ました。カラー化に際して当時の資料を集められるだけ集めて、更に足りない資料は当時の日本のファッションを徹底的に調べたそうなので、日本とアメリカのスタッフの方々がどれだけ情熱的に『ウルトラQ』のカラー化に挑んだのか、こういった方向からも想像出来ます。これだけ手の込んだカラー化ですから、次回『総天然色ウルトラQBOX2』も期待大です。
  1. 2011/09/05(月) 19:23:41|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

YOKOSUKA軍港めぐり




先週の金曜日の午後に時間が空いてしまったので、前から気になっていました『YOKOSUKA軍港めぐり』に参加することにしました。(画像一枚目を参照)船で横須賀の軍港を巡る一回45分のツアーです。(ツアー船は画像二枚目を参照。)ガイド付のツアーですから、軍艦に詳しくなくても説明を聞きながら軍艦の名前や役割を知ることが出来ます。写真撮影も可能です。(写真撮影不可の日もあるかもしれませんので参加したツアーのガイドの指示に従って下さい。)色々と教えて頂いたのですが、特に印象に残ったのが『空母ジョージワシントン』でした。(画像三枚目を参照)とにかく大きくて迫力があります。この日、船に乗っていた飛行機は偽物のダミーで、本物は洋上で基地に帰還するそうです。重たい飛行機やヘリコプターを乗せたまま港に帰港するのは燃費や安全性、技術面で問題があるので洋上で飛行機やヘリコプターとは別れてそれぞれの基地に帰るのだと言うことです。気候が良かったおかげもあってツアー船はほとんど揺れずに楽しい船旅が出来ました。軍港ですから、事情によって港の状況は変わるそうで、停泊している軍艦もその時の状況で違っているそうです。お目当ての軍艦に会えるのかは運も左右しそうです。凄く珍しく大変勉強になる貴重なツアーでした。
  1. 2011/09/03(土) 19:02:36|
  2. 未分類
  3. | コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。