かいデザインのブログ

かいデザインのブログです

2011年大晦日


今年もあと12時間をきってしまいました。今年は『アート未来』の『会友』として仲間に加えて頂いたり、『アート未来選抜展』に参加させて頂いたりと順調な芸術活動をしてきましたが、画像の写真のように未だ美術家としては発展途上で木に引っ掛かった風船のようです。来年は枝から放れて高く高く昇っていければと思います。来年もよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
  1. 2011/12/31(土) 12:33:38|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

ステゴサウルス仮組み



ステゴサウルスを仮組みしました。しかしながらいくら古いキットだからと言ってもなかなかの曲者でした。そのまま組めば明らかな強度不足です。(特に背中のヒダヒダ)まぁそこがまた愛らしくもあり、作っていて燃える所でもあるのですが。箱の中にタミヤ模型のカタログのチラシが入っていました。カタログは1983年度版とありますから約30年前のキットだったんですね。よく割れたり歪まずに30年間眠り続けて我が家にやって来てくれました。この出会いにただただ感謝します。
  1. 2011/12/29(木) 01:10:22|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

トリケラトプスの仮組み



ティラノサウルスに続きトリケラトプスも仮組みしてみました。古いキットで俗に言う『モナカキット』(モナカキットとは中身に関節などのギミックが入っていなかったりするために空洞の多いスカスカのキットの俗称)なので、時間経過で歪みが酷いのでは?と危惧していました。歪みが酷いようなら荒療治ですが、中に石膏を流して補強しようかと考えていましたが、今ではなかなか見かけなくなった堅い素材のプラスチックが使われていたので、時間経過によると思われる歪みは出ていませんでした。しかしながら古いキットです。この旧恐竜シリーズは組み合わせてみるとツッコミ所が多いです。そこがまた面白い所でもあるのですが。
  1. 2011/12/26(月) 19:47:01|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

ティラノサウルス仮組み


ティラノサウルスを借り組みしてみました。購入した時点で既に製作途中の半組み状態だったので過去の誰かさんからの引き継ぎです。後ろに写っているイラストもなかなかの雰囲気があって良い感じです。これからバリをとったり接着した後、練りパテで穴を埋めたり整形します。
  1. 2011/12/25(日) 11:55:49|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

タミヤ模型の旧1/35恐竜シリーズ


今日から日曜日に横浜のイベントで見つけたプラモデルを作ろうと思います。このプラモデルは少し古い物で『ティラノサウルス』は背筋を伸ばしてほぼ直立しちゃっています。映画『ジュラシックパーク』の影響もあって現代の感覚からするとおかしく見えますが、私が子供だった頃に読んだ『恐竜図鑑』にはこのような姿で描かれており、『ティラノサウルス』は『ゴジラ』の様に歩いていると思い込んでいました。子供の頃に手にしたキットをまたこうして作れる幸運に感謝しつつ、肩の力を抜いて造りたいと思います。
  1. 2011/12/24(土) 12:06:33|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

速報・カッパの宴が完成しました

『第三回四万十川カッパ造形大賞』に提出する作品の『カッパの宴』が完成しましたのでご報告させていただきます。構想から数えますと約1年間を費やした『カッパの宴』ですが、なんとか〆切に間に合いました。後は書類を書いて来年の1月4日頃には発送したいと思います。画像など作品については〆切の1月15日以後にご紹介したいと思います。とりあえずホットしました。作品は2月12日(日)のワンダーフェスティバル2012・冬で展示予定です。
  1. 2011/12/23(金) 14:04:31|
  2. 作品展
  3. | コメント:0

第81回ワンダーランドマーケット


アンティーク・トイ&ホビーのノミの市第81回『ワンダーランドマーケット』に遊びに行ってきました。会場は横浜産貿ホール1Fです。本日午後4時まで開催中です。会場は車のアンティーク・トイが中心のようですが、中には老舗ソフビメーカー『マルサン』さんや高円寺の『ゴジラや』さんなども出店されていました。今回は初めて遊びに来たので、買い物はしないつもりでいましたが、10年以上探していた懐かしのプラモデルを『ゴジラや』さんで発掘?(発見)してしまいました。このプラモデルは今創っている作品が完成したら息抜きに造りたいと思います。またその製作過程から完成までをブログにアップしていこうと思います。どんな風に仕上がるか完成をお楽しみに。
  1. 2011/12/18(日) 11:21:06|
  2. イベント
  3. | コメント:1

豆絞りキターー(゜∀゜)ーーッ!


今日、昼ごはんを食べるために歩いていると、またまた『ダチョウ倶楽部ストラップ』を発見!欲しかったあの伝説?の『豆絞り』をゲットしました。『マメマメ絞り豆絞り♪ドン♪』のギャクがフラッシュバックしそうな素晴らしい出来でした。勉強になります。
  1. 2011/12/16(金) 12:50:25|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

ダチョウ倶楽部ストラップ


今日、街中で『ダチョウ倶楽部ストラップ』を見つけました。『ダチョウ倶楽部』さんは私の子供だった頃から現在に至るまで最前線で活躍中のお笑い芸人さんであり、子供の頃から何度も何度も笑わせて頂き、何回も何回も明るい気持ちにさせて頂きました。そんな『ダチョウ倶楽部』のストラップがこのクオリティーの高さで200円です。しかも、販売元をみると『株式会社寄譚クラブ』の文字が。凄いです『寄譚クラブ』。『上島竜兵』さんの『豆絞り』のギャグが好きなので次こそは『豆絞り』を当てたいです。
  1. 2011/12/14(水) 17:33:49|
  2. 未分類
  3. | コメント:0

モンスターハンター3(トライ)G本日狩猟解禁


今日は久しぶりに『モンハン』のお話しです。本日は『ニンテンドー3DS』専用ソフト『モンスターハンター3(トライ)G』の発売日です。新宿でイベントをやっているので、遊びに行ってきました。っと言っても本体同封パックが家に届いたのが午後2時過ぎだったので、新宿についたのは5時頃になってしまいました。会場は『新宿ステーションスクエア』です。残念ながら仕事の都合で十分くらいしかいられませんでした。イベントは明日も同じ場所でやっているそうなので、モンハン好きなら行って損はない?と思いますよ。当然、『ハンター』達もたくさん集まりますから、『ギルドカード』の交換にも最適なイベントです。
  1. 2011/12/10(土) 18:11:30|
  2. イベント
  3. | コメント:0

製作活動中

次のコンテストの〆切が迫っています。ただいま製作活動中です。ちょっと焦っています。余裕が無いのでブログの更新も途絶えがちです。しかし、作品に妥協はありません。良い作品を創ってより良い結果を皆様にご報告出来るようにがんばります。
  1. 2011/12/07(水) 01:29:16|
  2. 未分類
  3. | コメント:2

受け身の授業

今朝、南関東は冷たい雨が降りました。そして久しぶりに街中で思いっきり転びました。前に転んだのがいつの事か思い出せないので、おそらく数年か10年くらいぶりだと思います。でもかすり傷どころかアザ1つ打ち身1つできませんでした。何故なら転んだ瞬間に体が『受け身』の形をつくってくれたからです。こんな時は中学生の頃の柔道の授業を思いだします。もう20年近く前に受けた体育の授業ですが、今でも鮮明に覚えています。雨の日は校庭が使えないので畳のある武道場で柔道の授業を受けるのですが、組み手などやらせてもらえず、技も教わらず、毎回毎回ただひたすらに受け身とストレッチと筋トレなのです。子供だった当時はそうした授業の意味を考えることをしませんでしたが、こうして怪我もしないでブログを書いている今、先生の教えて下さった『受け身』のありがたさと、授業の内容の深さを身心ともに実感せずにはいられません。
  1. 2011/12/02(金) 16:40:27|
  2. 回顧録
  3. | コメント:0

地球シミュレータ


先週の土曜日、『海洋研究開発機構(JAMSTEC)』の横浜研究所の施設一般公開があったので参加してきました。ジャムステックの施設の中でこちらの横浜研究所は『地球シミュレータ』で有名です。以前ブログでも『ラプラスの悪魔』のお話を書いた時に少しふれましたが、改めてご紹介しますと『地球シミュレータ』とは数年前まで世界一の演算処理能力をもつスーパーコンピューターシステムです。未来の地球環境をシミュレーションする人類の希望の科学です。
以前ブログで天気予報の件にふれ、マイナスイメージのつくような事を書いてしまった事を深く反省しております。『地球シミュレータ』さん、すみませんでした。
さて私の想像では『地球シミュレータ』程の世界的に重要な施設ですから、漫画か映画にでも出てくるような厳つくてゴツいイメージの建物か、絶対一般人には見つからないような地下数十メートル潜った所にある秘密基地のような施設を想像していましたが、実際は普通の住宅地に堂々建っており、そういった意味でびっくりしました。建物に入るときもボディーチェック等もなく警備員さんもにこやかで、『世界平和』を身にしみて感じます。
中に入ってみて更に驚かされるのは、職員さんも研究者の方々も更にはお客さん達も『熱い』のです。熱いと言ってもこの場合は『情熱』の熱さです。皆さん真剣に地球環境について意見交換したり、研究者の皆さんや職員さん達の地球談義に耳を傾けているのです。こういった学ぶ姿勢・探究心が、テクノロジーを大いに発展させ、世界平和に繋がっていくのだと感じました。
  1. 2011/12/01(木) 13:36:00|
  2. イベント
  3. | コメント:2