かいデザインのブログ

かいデザインのブログです

龍崎大吾に捧ぐ

親友で詩人でありました龍崎大吾と言う男が死にました。
彼は誰よりも優しく、誰よりも大きな男でありました。

龍崎氏との交流の中で頂いた作品を一つだけですが、ご紹介させていただきます


道化

おれは愉快な道化
女の甘い言葉に酔い
愉快なる舞を舞っていた
その女の掌で

あるとき嫉妬深い北風めが
おれを目がけて吹き付けて
憐れな俺は女の掌から
転げ落ちてしまった

あるいは底意地の悪い南風めが
女に別の道化を
紹介しただけかもしれぬ

運命よ なぜいつもおれから奪い去るのだ!
最後には奪うのなら 最初から与えなければいいものを

さすればおれは孤独と言う豪邸に安住できるものを!
悪戯に与えたりするから
おれはそれにしがみついて
奪われる事になったのちも

与えられたものの思い出にすがり
苦悩し 涙を流すのだ!

龍崎大吾

長い長い闘病生活の果ての死でした。今はただ天国でゆっくり休んでください。
ご冥福を御祈りします。
スポンサーサイト
  1. 2016/01/12(火) 19:29:22|
  2. 回顧録